• 加藤 淳子

娘の話 その2

今日1月17日は、阪神淡路大震災が起きた日。

そして、娘の26歳の誕生日です。

いままではおめでとうの気持ちになれず、日を改めてお祝いをしてきました。

今日は私も娘も追悼の気持ちで、一日を過ごします。


あの地震の揺れで胎盤が早期剥離し、大量出血した私は麻酔も効かぬ間に

緊急手術となりました。

鳴き声も上げず、待機していた小児科の先生がすぐに酸素を口に押し込み連れて行ってしまったそうで生きているのか、死んでいるのか、男の子か女の子か。

知らされたのは、翌々日だった記憶があります。

体重525グラム。

右手の手のひらに体が全部乗ってしまう小ささ。

肌が透けて、鳥の赤ちゃんみたいな体に口から又は体中に機械の管がまとわりつき、

本当に、大きくなるのか助かるのかと涙しか出ませんでした。


半年入院し体重が3000グラムを超えて退院しても

療育センターや病院に通院し訓練を受ける日々。

一度は脳性麻痺の診断がくだり、自分を責めました。

絶えず多動を繰り返し、這えば立て立てば歩けの普通の成長が見えませんでした。

この時代は携帯も無く、同じ悩みを共有できる友人もいないので

孤独を感じながらの娘の子育ては、本当に辛かったです。

成長が遅い分娘は手がかかったし、母親学級などに行っても、普通のお母さん赤ちゃんを見るのが辛くて行けませんでした。


高校の支援学校に行く頃にやっと落ち着きが出てきたように思います。


障がいを通して巡り合った先生、友人、支援者の方々に随分私は助けられました。

障がいに軽い重いは無いと、手帳の判定申請にアドバイスくれた先生。

内容は違えど、障がいを通して悩みを打ち明けられる友人は私の財産です。

子育ては、正直辛い方が多かったけれど、

娘と歩んできた26年間は、とても濃い時間だったと思います。

子育ては、赤ちゃんの性格もあり本当に大変です。

まして、障がいがあるとお母さんが受け入れ前向きになるのには周りの理解や協力が

ないと、お母さんは参ってしまいます。

頑張りすぎないでと言いたいです。


ある方に言われた言葉ですが、

大震災で沢山の方が亡くなったあの日に小さく生まれて、育ったのは

亡くなった方の魂が娘を救ってくれたのだと。

そう思えるようにはなりませんが、どうか安らかにと祈ります。

娘が助かり今がある事に感謝する心のどこかで

テレビで追悼儀式を見ていると、なんだか泣けてきてしまうのですね。



最新記事

すべて表示

これまで2件ほどですが、ご相談から任意後見制度のお話をさせて頂いた事があります。 一件は、身寄りのない方をたまたま保護した事案。 一件は、遠方のご実家で一人暮らしのお父様が詐欺にあっているようで どうしたら良いかというご相談でした。 後見制度は、ご本人を保護し、支援していく制度です。 法定後見制度は、わりと周知されているように感じるのですが 任意後見制度はあまり知られていないのではないかと思います

人には、幸せになる権利があると私は思います。 自分に自信を持つことが、出来ない人は自己肯定感が低く、 主張が出来ないように思いますが、生きている、存在自体に 自信を持ってほしいです。 挫折や、辛さ、悲しみを多く経験した人は、痛みが分かる優しい人です。 人間関係の悩みや家族間の悩みなど、私もこれまで経験したり、周りであったりしましたが、受け入れられないから悩むのですね。 受け入れられることは、受け入

人が亡くなり、遺言があれば遺言に則った遺産分割が行われる。 無くとも、生前の想いを普段から聞いていたり、 特に問題なくスムーズに相続が行われれば、良いのですが。 ほぼ、もめている、もめそうというご相談をこれまで伺うことが多く 遺言があれば・・・と思う事案が本当に多い!です。 遺言も無く、相続人を確定することなく、親近者のみで名義変更してしまい 後で権利がある事に気付いた相続人の手遅れ。 被相続人が