• 加藤 淳子

建設業。 大臣許可と知事許可、一般建設業許可と特定建設業許可。


例えば、神奈川県内にのみ本店、支店がある場合は神奈川県知事許可を申請。

神奈川県に本店があり、支店は東京都など、つまり、県をまたいで営業所などがある場合は国土交通大臣許可を申請します。

また、営業所とは、契約の見積もり、入札、締結などの実態があることを指します。

単に、資材置き場や以上のような実態が無ければ、営業所とはいえません。

なので、他県に資材置き場があっても、営業所と呼べる実態が無ければ、知事許可の申請になります。


一般建設業許可と特定建設業許可の違いは、下請けに出す金額で違います。

発注者からの請負金額ではありません。

業者が、元請けとして、建築一式工事なら消費税込みで6,000万円以上、

その他の工事なら4,000万円以上を下請けに出す場合は特定建設業許可を取得しなくては

なりません。

下請け業者1社ではなく、その請け負った工事1件についてです。

なお、下請け業者が再下請けに出す金額には制限はありません。

下請けに出す金額が上記に該当しない元請業者、二次以降下請け業者は

一般建設業許可になります。


思う事ですが、

社長が現場を走り回っているような、お若い会社も

他県に営業所が複数ある中小企業でも、将来的にどんな工事を強みに請負い、

また、どこの発注者である官公庁の工事を落札したいのか。

主たる営業所をどこに置き、自社に有利な工事を落札するにはと考えると、

高い技術力と業者の営業活動も必要だといえるでしょう。



最新記事

すべて表示

一年書いていませんでした~。 東京都や東京23区市町村(システム別)の入札資格申請で 主観点数の基礎ともなる、業種ごとの最高完成工事高の申請で、 都区市町村、他官公庁発注の2500万円以上の工事を申請する際、 コリンズ№を入力するも、エラーが出て、申請ができない! という事態になりました。 竣工時の№をもらったのに・・・。 エラーが出たら、完成工事高として申請ができません。 東京都や23区市町村で

経審のP点と各発注者が算出している主観点数(技術評価点数)の総合点数で 発注工事の予定価格に対応する等級の区分を定めております。 公共工事を落札するには、発注者からの指名を受けるには 攻略しなければならないところでございます。 行政書士の業務としては申請をして審査が通って終わり、ではなく 仕事として結果を見て、会社様の将来を見据えたところ、次回に繋げていくことが 本来の業務ではないかと思っています

建設業法、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部が改正されました。 ちょっと、時間が経ちすぎてしまいました・・・が。 許可要件の経営業務の管理責任者が、「人]から「管理体制」になり、 セットで社会保険の加入が義務に。(加入が義務となっていれば、です。) 元請業者の監理技術者の2現場までの専任緩和。 令和3年4月施工の技術検定の再編で、第一次検定に合格すれば技士補の称号がもらえること