• 加藤 淳子

建設業法の改正

建設業法、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部が改正されました。

ちょっと、時間が経ちすぎてしまいました・・・が。


許可要件の経営業務の管理責任者が、「人]から「管理体制」になり、

セットで社会保険の加入が義務に。(加入が義務となっていれば、です。)

元請業者の監理技術者の2現場までの専任緩和。

令和3年4月施工の技術検定の再編で、第一次検定に合格すれば技士補の称号がもらえることになりました。この技士補さんが補佐するということで現場におけば、専任可。

下請け工事でも一次下請け会社が要件を満たす主任技術者を置けば、二次下請け会社は

主任技術者が不要になります。

  この場合、注文者の承諾と下請け会社の合意が必要です。


経審の改正では、技術力の加点として建設キャリアアップシステムでの加点。(施行済み)

社会性の項目では、(こちらは令和3年4月施行)

「知識及び技術又は技能の向上に関する取り組みの状況」が、追加。

CPDプログラムの単位取得で最大10点加点。

建設キャリアアップシステムで審査基準日前3年間でレベルが2以上アップした技術者の数で最大10加点。

また、建設経理士の講習登録など。

忙しい建設業者に国は資格を取りっぱなしにしないで、継続学習してねと

言っているのでしょうか。

大雑把に書きましたが、細かい要件があります。


CCUS(建設キャリアアップシステム)の制度についてですが。

事業者、技術者登録しただけではカードは白です。

35業種の能力評価基準というものがありまして、業種ごとに異なります。

業種ごと、です。

この、能力評価基準のガイドラインが「案」だった昨年は特例措置期間がありまして、

基幹技能者はレベル判定でレベル4のゴールドカードがもらえました。

現在は基幹技能者登録しただけでは、レベル1、白です。

ちなみに登録とレベル判定は別個、です。

登録をしただけでは、レベル1のホワイトカードです。

レベル判定システムで申請、または変更申請で再判定をします。

登録した資格や就業日数、表彰などの情報を申請します。


もともと、基幹技能者は経審で3点加点。

技術者資格2級、技能士1級でも2点加点なので、登録して

レベル1でも良いのかな~とも思われますが、

今回の法改正でCCUSでのレベル判定でレベル3、レベル4の方は

35業種の、このできたばかりの国土交通省が認定した能力評価基準で判定が

レベル3、レベル4の方です。

資格は無いが、経験はあるぞ!

という技術者はぜひ、レベル判定をされるとよいかと思います。


CCUS登録前の経験は「経歴証明」で評価されます。

登録している所属事業者や元請事業者が証明します。

こちらは2024年度末まで証明できます。



最新記事

すべて表示

一年書いていませんでした~。 東京都や東京23区市町村(システム別)の入札資格申請で 主観点数の基礎ともなる、業種ごとの最高完成工事高の申請で、 都区市町村、他官公庁発注の2500万円以上の工事を申請する際、 コリンズ№を入力するも、エラーが出て、申請ができない! という事態になりました。 竣工時の№をもらったのに・・・。 エラーが出たら、完成工事高として申請ができません。 東京都や23区市町村で

経審のP点と各発注者が算出している主観点数(技術評価点数)の総合点数で 発注工事の予定価格に対応する等級の区分を定めております。 公共工事を落札するには、発注者からの指名を受けるには 攻略しなければならないところでございます。 行政書士の業務としては申請をして審査が通って終わり、ではなく 仕事として結果を見て、会社様の将来を見据えたところ、次回に繋げていくことが 本来の業務ではないかと思っています

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは国土交通省が推進するシステムです。 運用主体は(一財)建設業振興基金で、ホームページに詳しく載っておりますが、 こちらに、ざっくりと書きたいと思います。 ちなみに平成19年から本格的に運用が始まりましたが、平成20年6月現在の事業者、技能者登録は293,500程で、5年を目途にすべての技能者登録を目指すとあります。 ~どんなシステム?~ 一般の入退場システ