• 加藤 淳子

建設業許可と経営事項審査。

更新日:2020年6月22日

横浜市緑区の行政書士、カトウです。


無許可で塗装業を請け負っている、会社様。

公共工事を請け負っていくには、どうしたら良いのか。

経営事項審査って、何ですか?

とズバリお問い合わせがありました。

公共工事を元請けとして請け負うようにするには、入札参加資格を取得しなくてはなりません。その前段階が経営事項審査です。

信頼や会社の規模ももちろんアップします。


経営事項審査とは経営状況分析申請及び経営規模等評価申請と申しまして

漢字だらけの長ったらしい名前ですので、ケイシンといいます。

官公庁が発注者である公共工事を請け負いたい場合は、入札参加資格を取得しなければ

いけません。

冒頭の内装業様の場合、まず、内装業の許可取得すること。

許可取得後は、

変更事由の届け出を怠らないこと。

毎年、事業年度4か月以内に必ず決算変更届けを行う事。

5年の更新を怠らない事(無許可になってしまう!)

以上の事を行ったうえで(まだ細かい部分はありますが、置いといて)

入札参加資格申請をするために、前段階で経営状況分析申請と経営規模等評価申請を受けて

総合評定値通知書を取得する必要があります。


会社様は総合評定値通知書なるものを取得することで、工事を請け負いたい発注者(官公庁)に指名参加願いをします。名簿に名前を載せてください!と入札資格審査申請を得て

資格を得ることができます。


大まかな、流れですが・・・。

建設業許可と、毎年事業年度4か月以内に提出する決算変更届。

その中に含まれる工事経歴書は経審の審査でとても重要です。

経審は2段階に分かれていて、決算書から経営状況の分析から評点を出す分析申請。

次に技術力や社会性などの評価を行う経営規模等評価申請。

つまり、1年間でこれだけ業績があったよ!

利益がこれだけあったよ!と

成績表みたいなものでしょうか。


公共工事入札を全体的に見たときに、

建設業許可と決算変更届、経審、入札参加資格申請は複雑ながらも

繋がっているのですね。


私たちの腕の見せ所でも、あります。






最新記事

すべて表示

経審のP点と各発注者が算出している主観点数(技術評価点数)の総合点数で 発注工事の予定価格に対応する等級の区分を定めております。 公共工事を落札するには、発注者からの指名を受けるには 攻略しなければならないところでございます。 行政書士の業務としては申請をして審査が通って終わり、ではなく 仕事として結果を見て、会社様の将来を見据えたところ、次回に繋げていくことが 本来の業務ではないかと思っています

建設業法、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部が改正されました。 ちょっと、時間が経ちすぎてしまいました・・・が。 許可要件の経営業務の管理責任者が、「人]から「管理体制」になり、 セットで社会保険の加入が義務に。(加入が義務となっていれば、です。) 元請業者の監理技術者の2現場までの専任緩和。 令和3年4月施工の技術検定の再編で、第一次検定に合格すれば技士補の称号がもらえること

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは国土交通省が推進するシステムです。 運用主体は(一財)建設業振興基金で、ホームページに詳しく載っておりますが、 こちらに、ざっくりと書きたいと思います。 ちなみに平成19年から本格的に運用が始まりましたが、平成20年6月現在の事業者、技能者登録は293,500程で、5年を目途にすべての技能者登録を目指すとあります。 ~どんなシステム?~ 一般の入退場システ