• 加藤 淳子

建設業許可を取得しなければならないとは

建築一式の場合・・・工事1件の請負代金が消費税込みで1,500万円以上。

          延べ床面積が150㎡以上の木造住宅の工事。

建築一式以外の工事・・・工事1件の請負金額が消費税込みで500万円以上の工事。

以上の工事を元請け、下請け問わず請負施行するには、許可が必要です。


建設業法3条では、建設業を営む者は、国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければならないと定めています。

ただし、上記に満たない軽微な工事のみを請け負う場合は、許可を取得しなくても

請け負う事ができると定めています。

生業として建設工事を請け負う、のですから自ら自家用の建物を建てたり、工作物を施行することや、不動産業者が、自ら施行し販売する場合は許可を必要としません。

その他、土地に定着しないものの建築も必要の無い場合があります。


元請け、下請けを問わず工事を請け負う場合や、公共工事を請け負いたい場合は許可が

必要です。

軽微な工事を請け負ってきて、許可を取得せずに主に下請けとして施工出来たとしても

元請けから許可取得を求められたり、

会社として規模を大きくしたい、信頼を得て公共工事を請け負いたい必要性が出てきたら

許可取得を強くお勧めします。

許可取得後は、

・500万円以上の工事が請け負うことができます。

・許可取得の要件を満たす経営業務の管理責任者、専任技術者の配置、

 財産的基礎などをクリアすれば信用度が上がります。

・申請書類などが、許可取得後、一般に閲覧されます。

 公になることで、発注者に情報が伝わり、より優良な業者の受注が広がります。

 発注者の信用度も高くなります。

許可取得の要件は厳しいものですが、建設業許可は建設工事の適正な施工の確保と、

発注者の保護を目的としています。

施工技術を確保し、受注が増えていくためには

建設業許可は必要ですね。


最新記事

すべて表示

一年書いていませんでした~。 東京都や東京23区市町村(システム別)の入札資格申請で 主観点数の基礎ともなる、業種ごとの最高完成工事高の申請で、 都区市町村、他官公庁発注の2500万円以上の工事を申請する際、 コリンズ№を入力するも、エラーが出て、申請ができない! という事態になりました。 竣工時の№をもらったのに・・・。 エラーが出たら、完成工事高として申請ができません。 東京都や23区市町村で

経審のP点と各発注者が算出している主観点数(技術評価点数)の総合点数で 発注工事の予定価格に対応する等級の区分を定めております。 公共工事を落札するには、発注者からの指名を受けるには 攻略しなければならないところでございます。 行政書士の業務としては申請をして審査が通って終わり、ではなく 仕事として結果を見て、会社様の将来を見据えたところ、次回に繋げていくことが 本来の業務ではないかと思っています

建設業法、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の一部が改正されました。 ちょっと、時間が経ちすぎてしまいました・・・が。 許可要件の経営業務の管理責任者が、「人]から「管理体制」になり、 セットで社会保険の加入が義務に。(加入が義務となっていれば、です。) 元請業者の監理技術者の2現場までの専任緩和。 令和3年4月施工の技術検定の再編で、第一次検定に合格すれば技士補の称号がもらえること