• 加藤 淳子

webサイト公開いたしました

更新日:2020年6月9日

行政書士の加藤淳子です。

この度webサイトを制作し、本日公開いたしました。

建設業許可のこと、障がい者支援のこと

遺言・相続のこと……


こちらでは皆様に有益な情報を共有できたらと考えております。

どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。


プロフィール


横浜市生まれ

周りが男の子ばかりの環境で育つ。

趣味はギター(歴3ン年、ギブソンレスポール愛用)

海釣り(回遊魚シーズンは静浦へ行きます。)

登山(低山のみ)


ではでは。

最新記事

すべて表示

一年書いていませんでした~。 東京都や東京23区市町村(システム別)の入札資格申請で 主観点数の基礎ともなる、業種ごとの最高完成工事高の申請で、 都区市町村、他官公庁発注の2500万円以上の工事を申請する際、 コリンズ№を入力するも、エラーが出て、申請ができない! という事態になりました。 竣工時の№をもらったのに・・・。 エラーが出たら、完成工事高として申請ができません。 東京都や23区市町村で

経審のP点と各発注者が算出している主観点数(技術評価点数)の総合点数で 発注工事の予定価格に対応する等級の区分を定めております。 公共工事を落札するには、発注者からの指名を受けるには 攻略しなければならないところでございます。 行政書士の業務としては申請をして審査が通って終わり、ではなく 仕事として結果を見て、会社様の将来を見据えたところ、次回に繋げていくことが 本来の業務ではないかと思っています

これまで2件ほどですが、ご相談から任意後見制度のお話をさせて頂いた事があります。 一件は、身寄りのない方をたまたま保護した事案。 一件は、遠方のご実家で一人暮らしのお父様が詐欺にあっているようで どうしたら良いかというご相談でした。 後見制度は、ご本人を保護し、支援していく制度です。 法定後見制度は、わりと周知されているように感じるのですが 任意後見制度はあまり知られていないのではないかと思います